<< 反省☆トゥナイト/「ときめきトゥナイトー真壁俊の事情」池野恋 | main | Birthday Four Roses >>
2015.03.22 Sunday

黒猫鱗

cat3.jpg

つめたいしずくが目に入るから、ぎゅっとまぶたを閉じていた。
ずっと目を閉じていたから、ねこは気づかなかった。
手を差し伸べられていることに。
 
貧しい旅人は、孤独な旅の途中でそのねこに出会った。
ぬかるんだ道を叩きつける雨音だけが響く、暗く年老いた街。
冷たい雨をしのぐため、街の家々の扉は固く閉ざされていた。
 
雨降る街の片隅で、ねこは旅立つ日を待っていた。
子供のころおとなのねこが言っていた、ねこの楽園。
ぽかぽかと、ぬくぬくの、楽園。
ながいながい道のりを歩いて、ねこの楽園を目指すのだ。
 
旅人は厚い雨のカーテンの向こうに、小さな黒い影を見つけた。
震えるふたつの尖った耳。ずぶ濡れの足元にまきつく短いしっぽ。
黒くつややかな毛皮は雨に濡れて、
とげとげしたうろこのようにその小さなからだを包んでいた。
 
ねこは待っていた。雨がやむのを。
ぬかるいだ道が足をとらえ、冷たい雨が体温を奪う。
きっとまだ、今じゃない。
雨がやんだら、ならされた道をしっかり踏みしめて歩いていけばいい。
そう思っていたから、ぎゅっとまぶたを閉じてお日様が戻るのを待った。
 
傘も持たぬ貧しい旅人が、手を伸ばした。
ふるえるちいさなねこに、こちらへおいでと招くように。
せめて彼の胸の中で、雨をしのげるようにと。
でもねこは気づかない。
 
ねこは待った。雨が上がるのを。
その足で道を踏みしめて歩き出せるときがくる時を。
ふわふわの毛皮を、とげとげのうろこに変えて、まんまるな目をしっかりと閉じて。
雨に負けないようにぎゅっと目を閉じて。
 
差し出された旅人の手が宙を泳ぐ。
 
つめたいしずくがめに入るから、頑にまぶたを閉じていたから、気づかなかった。
ねこは、温かい手を差し伸べられてることに気がつかなかった。
 
慎み深い旅人は、静かに歩き去った。また次の街へ。
 
やがて雨が上がった。
おひさまが顔をだし、ぬかるむ道は固く締まった行路となった。
道はきっといつか、ねこをふたたび旅人のもとへ誘う。
 
ねこの黒い毛皮がふわふわに乾いて、
そのベルベットのような背中が優しい旅人の手を受けとめる時まで、
たぶんねこはこの道を歩きつづける。楽園をめざして。
 
コメント
コメントする








 

6078059_15.jpg


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Updates
Archives
Recent Trackback
Profile
                 
Others
            
            
Search this site.
**********
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM