<< 相対的自我の葛藤 /「砂の女」安部公房 | main |
2017.03.28 Tuesday

運命的なもの / 「マチネの終わりに」平野啓一郎

 

天才ギタリストと、国際的ジャーナリストであるアラフォーのふたりの、偶然と必然の波間を漂う運命的な大人の恋愛小説。ある種非凡なふたりの物語ではあるけれど、年齢的に積み重ねてきた現実や諦念といった普遍的な人生の悲哀を共有しながら、読み手はそのリアリティ溢れる大人の恋愛心情に共鳴してしまう。

 

平野さんの小説は、とても思慮深く温かい洞察に満ちているのに、過剰に感情的ではなくある種とてもソリッドな部分があって、それがとても理性的で心地よい。さらに軽薄さの微塵もない清潔さに後ろ盾されたユーモアはとても品が良く、確かな美意識に心打たれます。まさに平野さんご本人のイメージに重なります。

 

若い男女の熱い恋愛小説はなかなか感情移入しにくいけれど、平野さんの書く恋愛小説は、例に漏れず深い洞察と示唆に富み、読み手は共感する以上にさまざまな気付きに誘導され、開眼させられるのです。"会ったのはたった三度"という非常に特殊な愛の生い立ちとその「感情生活」(という言葉を平野さんは序文で使っていた)を、小説というカタチで最も親しい目撃者として辿る読書体験は、贅沢他ならない。

 

この小説は主題が複数あり、それらが見事に絡み合っていて、その複雑な人間活動のリアリティに引き込まれます。読み方(読み手?)によってその主題の抽出は変わる気がしますが、ネタバレを避けながら、私が個人的に幾つか感銘を受けたポイントをまとめました。

 

偶然なのか、運命(必然)なのか

 

運命的な恋は、必然のような偶然によって着火される。偶然には、平凡な出会いを運命の出会いに変えるチカラがある。一方で、多くの偶然は、必然にすらならないまま過ぎ去っていく。なにが偶然を必然たらしめるのか。それはあくまで後の解釈であり、振り返るその時の視点によって意味づけられた過去のありようである。

 

人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでる。だけど、実際は未来は常に過去をかえてるんです。変えれるとも言えるし、変わってしまうともいえる。過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?

 

本作で何度も登場する、有名すぎる一節。どんなに前向きに生きようと、過去を全て忘れ去ることは難しい。過去に引きづられないで生きることは、大抵の人にとって容易ではない。そんな中、この一節によって過去ー現在ー未来というリニアな時間観に、まったく別の主観世界という側面があることに気付かされる。こんなにも優しく過去を照らし、未来に希望を繋ぐ言葉にかつて出会ったことがない。現在の新たな気づきによって、過去が、その意味がどんどん塗り替えられて行く…。物語の中では、そんな瞬間が度々描かれている。

 

数限りない出会いや人間関係の交錯の中で「あの日あの時あの場所で君に会えなかったら…」(あれ?小田和正?笑)「明日になれば君をきっと今よりもっと好きになる」こともなかったかもしれない。恋愛の始まりは、あの日あの時あの場所で出会った偶然そのものではない、その偶然に意味を見出した2人だ。

 

物語のなかで蒔野と洋子は会えない日々の中で「話したい/語り合いたい」という焦燥に互いの想いを昂ぶらせている。始まりは、お互いの才能や生い立ちへの、羨望や尊敬を基盤とした自己補完的なコミュニケーション欲求だ。ただし、愛する人との出会いは新たな自分との出会いであり(同時に別れというのは、その人といるときの自分を失う欠損であるからこそ)向かい合うふたりの対話はかけがえのないものになっていく。私たちは、出会いに対して主体的でなければならない一方で、その意味付けはかくも不確かな自己充足であるということはとても現実的だと思った。それを過剰な演出で取り繕わない平野さんの理性的な物語の運びがすごく好きだ。

 

幸福への罪悪感

 

ふたりの主体的な意思が偶然の出会いを必然たらしめた一方で、逆らう術のない運命論こそが救いとなることもある。凄惨な戦争を目の当たりにしながらもなお、清廉な志と強い職業意識を持ち続けた結果「自らの無力さへの自責」に苛まれる洋子に、映画監督である父がかけた言葉がとても印象深かった。

 

自由意志というのは 、未来に対してはなくてはならない希望だ 。自分には 、何かが出来るはずだと 、人間は信じる必要がある 。そうだね ?しかし洋子 、だからこそ 、過去に対しては悔恨となる 。何か出来たはずではなかったか 、と 。運命論の方が 、慰めになることもある 。

 

洋子は、イラク赴任中に遭遇したテロによってPTSDを抱えた不完全な自分を、愛する人に委ねることを拒んだ。もとより、自分の中に相手への恋情を感じた途端、人は臆病になる。全て明け渡して落ちてしまいたいと願う心とは裏腹に、相手を慮るがゆえ、自らの全てを受け渡せない。しかしそんな自分の弱さを、自分で引き受けようとする大人の覚悟が、時に悲しいすれ違いを生み出すこともある。

 

多くの理不尽や人生の不平等さを知る大人だからこそ、謙虚さや人生のあらゆる悲哀に対する思慮は深まる。そして同時に、そういった現実に誠実であろうとすればするほど、己の無力さに罪悪感は募る。そういった罪悪感は、自ら掴みかけた幸福をかき乱すこともある。愛する人を含めた世界に対して誠実であり続けようとすることは、希望と諦念の間でもがき続けることを意味する。

 

静寂、あるいは沈黙

 

この小説は、全編に渡って、クラシックから往年の名作ポップスまで様々な音楽が登場する、美しい音に溢れた物語である。でも一方で「音楽の美 vs 静寂の美」という音楽理論から、コンサートホールの静寂、死者たちの沈黙、洋子の父の沈黙、天才ギタリストのスランプなど、真空のような静けさが各所に散らばっている。

 

たとえば会話の中の一瞬の間。または語られようとして飲み込まれた言葉達が譲った席には、沈黙が鎮座している。それらの静寂が意味するものは、心の距離が移動する時間だったり、未来へとのびる希望と諦念の分岐点だったり、物語の転換点のような意味を持っている。

 

転換のための静寂、あるいは沈黙。私達はあまりにも多くの喧噪に囲まれていて、耳を澄ますことを忘れ、その静けさを見落としてるのではないか。幾重にも重なり飽和した言葉や喧騒に埋め尽くされた現在に、いくばかの静寂を招き入れることで希望なのか諦念なのか、いずれにせよ新しい未来への道が拓けることを感じさせられた。

 

 

***

 

 

最後に冒頭の運命論に戻るが、恋愛のような強い執着には、多少の偶然による思い込みは必須であると思う。わたしはこの本が、すごく好き。恋してるみたいに、出会うべき時に出会うべくして出会った、特別なものな気がする。でももし主人公がギタリストでなくバイオリニストだったら…?ここまでこの作品に執着しただろうか?

 

ギター弾きだった父(今も健在だけど、10年ほど前の事故で左手の指を無くしてからもうギターを弾かなくなった)のお陰で、幼少期から数々のクラシックギターの名曲をよく耳にしていた。休日にステレオから流れるナルシソ・イエペスのアランフェス協奏曲、なんとかのひとつ覚えみたいにぼんやりと遠くを見ながら父が奏でるアストゥリアス、アルハンブラの思い出等、クラシックギターの音は、父親との繋がりや無邪気な子供時代の自分を感じさせられる。だからこそ、親しみや愛着を感じるのかもしれない。

 

愛することは、その人の過去も未来も人生ごと引き受けることだとしたら、今その瞬間だけでなく、未来にのびる線をつなぐ、もうひとつの点がきっとある。たとえば過去の繋がりのようなものが必須になってくる。それが凡庸な出会いを運命に変える条件なのかもしれない。

 

と、相変わらず最後が雑…長文乱文失礼しました。

とにかく、美しい音楽と、分人主義や死生観など平野さんらしい哲学的な示唆に富んだ素晴らしい作品でした。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、コンピレーション・アルバムの演奏をされている福田進一さんの、このアルバムのタンゴ・アン・スカイがすごく好きです。奏者によってずいぶんと変わる曲ですが、個人的にはこの緊張と弛緩のバランスが一番好きです。

 

コメント
http://www.katespade-handbags.us.org/ kate spade purses
http://www.levis.us.org/ levis outlet
http://www.eccoshoesoutlet.us.org/ ecco outlet
http://www.katespadepurses.us.org/ kate spade purses
http://www.adidas-eqt.us.com/ adidas originals eqt
http://www.levis.us.com/ levi's
http://www.timberlands.us.org/ timberland boots
http://www.bose.us.org/ bose wireless speaker
http://www.ecco.in.net/ ecco shoes women
http://www.katespadebags.us.org/ kate spade outlet
http://www.salomon-shoes.us.org/ salomon boots
http://www.salomons.us.org/ salomon shoes
http://www.stussy.com.co/ stussy sweatshirt
http://www.stussyclothing.us.com/ stussy clothing
http://www.clarks.in.net/ clarks shoes
http://www.boseheadphones.us/ bose soundlink mini
ドリフトliuyuzhen
  • ecco
  • 2019.01.24 Thursday 15:02
http://www.nikeairmax-90.us.com/ nike air force 1
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fit flops
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp le pliage
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora bracelet
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 1
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora jewelry
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ yeezy boost 750
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 3
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron 13
http://www.kd10-shoes.us.com/ nike kd 8
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ adidas yeezy
http://www.curry4-shoes.us.com/ stephen curry
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sandals
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike flyknit
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ yeezy boost 350
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ red bottom shoes
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop sale
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes wallets
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra uncaged
http://www.jordans11shoes.us.com/ jordan 8
http://www.airmax90shoes.us.com/ air max
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ rihanna puma shoes
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora rings
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade bags
ドリフトliuyuzhen
コメントする








 

6078059_15.jpg


Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
Selected Entries
Categories
Recent Updates
Archives
Recent Trackback
Profile
                 
Others
            
            
Search this site.
**********
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM